愛知の名物「味噌煮込みうどん」のお店

赤味噌を使用した絶品煮込うどん

名古屋は八丁味噌という赤味噌を使います。
その赤味噌を使っでグツグツ煮込む味噌煮込みうどんは、名古屋の名物です。
いろいろなお店で味噌煮込みうどんが食べられますが、せっかく食べるなら本格的な味噌煮込みうどんを出すお店に行きましょう。

山本屋本店

八丁味噌の旨みが効いている名古屋では最も有名な味噌煮込みうどんのお店です。
甘味がなく美味しい八丁味噌の味が人気です。

注文してしばらくすると、グツグツと煮立った状態の鍋に入った味噌煮込みうどんが出てきます。
鶏肉、しいたけ、ネギに、玉子が乗っています。

玉子は食べているうちに程よく熱が通り、いい感じのレアに近い半熟になります。
麺はアルデンテよりも固く、芯が残っています。
うどんを食べ終わったら、卵と具、スープをご飯にかけて食べるのもおすすめです。

山本屋総本家

名前が似ているので、本家と総本家と勘違いされやすいのですが、全く違うお店です。
こちらはスープが濃厚で、魚系のだしが効いているので、食べ比べてみるのもいいかもしれません。
山本屋本家は名古屋にしかありませんが、山本屋総本家は東京にも出店しています。
具は玉子、あげ、ネギ、かまぼこです。

濃厚でコッテリ系が好きな方には、総本家の味噌煮込みがオススメです。
季節限定の味噌煮込みうどんもあるので、旬の食材を使った味噌煮込みも食べてみてください。

煮込みうどん二橋

場所は岡崎市になりますが、八丁味噌を使って独特の甘みと辛味が絶妙で美味しいと評判のお店です。
スープは粒味噌、とろ粒味噌、ほかにもたまり醤油、カレー味などから選べます。
具は鶏肉、肉、玉子を選びますが、元からあげとネギが入っているからどれを選んでも美味しくいただけます。
麺は味噌煮込みうどんらしい固めで芯が残っています。

味噌煮込みうどんは全体的に麺がかなり固めです。
初めて食べる人は中に芯が残っているので、生煮えなんじゃないか?と思う事もあるかもしれません。
しかし芯が残るほど固い面を食べるのも、名古屋の味噌煮込みうどんの醍醐味です。
お土産用に生のうどんとスープを買って帰り、自宅で名古屋の味を食べる事もできます。

実は味噌煮込みのインスタントラーメンもあって、地元でも手軽に作れる事から人気があります。
インスタントラーメンでも麺は普通の物よりかなり固めですが、長く煮込めば少し柔らかくする事ができます。
余りにも固いのが苦手な方は、違ううどんを使って好みの固さにして、スープだけ使うという裏技もあります。
具に鶏肉、卵、かまぼこ、あげ、ネギを入れれば麺だけ変えて本場の味を楽しめます。