美味しいカキ氷が食べられるお店

シャクシャク美味しいかき氷

名古屋の夏は日本の中でも暑さが厳しい事で知られています。
猛暑日が続くと、冷たいかき氷が食べたくなります。
名古屋には名物料理もたくさんありますが、夏には美味しいかき氷が食べられる店もあるので、ぜひチェックしてみてください。

恵那寿や・名古屋石川橋店

瑞穂区にある恵那寿やさんは、元々栗きんとんで有名な和菓子屋さんです。
名古屋石川橋店では夏季限定で、和テイストのかき氷が食べられます。

店内のイートインスペースでは、6種類のかき氷が選べます。
栗きんとんが美味しいお店ですから、栗金時のかき氷は人気があります。

暑い夏には冷たいかき氷が美味しく感じますが、食べ進めると少し寒く感じる事があります。
こちらでは食べている途中で温かいほうじ茶を出してくれるので、ホっとできます。

赤福茶屋

中村区名駅にある、赤福茶屋はあの有名な赤福餅のお餅とこし餡を使ったかき氷が食べられます。
ジェイアール名古屋タカシマヤ店にあるので、駅からすぐ行けます。
赤福氷は夏季限定となりますが、お土産にも喜ばれる赤福餅をそのまま使っているのではなく、冷たい氷に合うように特別に作ったお餅と餡子を使用しています。
氷の上には抹茶蜜がかかっていて、見た目は抹茶色ですが、食べると冷たい赤福餅を食べているように感じられます。

猿カフェテレビ塔店

栄のテレビ塔にある、猿カフェでも美味しいかき氷が食べられます。
一般的なかき氷は専用の器に入っていますが、こちらではかき氷としては珍しく、お皿に盛りつけられて出てきます。
一見するとパフェのようですが、食べるとかき氷という面白いスタイルです。

若い人にとても人気がある店としても有名ですが、上高地の氷を使うなど本格派のかき氷です。
テレビ塔の真下というとてもわかりやすい場所にあるので、初めて行く時も迷わずに行けます。

柴ふく

中区にある柴ふくでは、他にはないここだけの変わったかき氷があります。
店内はどこか懐かしいレトロな雰囲気が漂っていて、看板犬の柴犬くるみちゃんが可愛くお出迎えしてくれます。

かき氷は黒柴ミルク、黒柴金時など名前も少し変わっています。
黒柴金時には黒蜜、きな粉、ミルクがかかっていて、黒柴金時には、黒蜜、きな粉、小豆がかかっています。
どれも氷が見えないくらいきな粉たっぷりだから、きな粉好きに人気があります。

緋鞠

中区栄の地下にある緋鞠は、名古屋名物大須ういろがプロデュースしているカフェです。
旬の素材を使って四季折々の甘味を提供しています。

サカエチカにありながら、とても高級感がある佇まいです。
店内は和の雰囲気がとても落ち着きます。
かき氷は宇治クリーム金時、きなこミルク金時、紅茶ミルク、ティラミス、春季のみの氷いちごがあります。