【名古屋暮らしおすすめエリア紹介】栄

名古屋のメイン商業地域、栄

栄というのはその土地の名前からもわかる通りの繁華街です。
名古屋市中区にある町名であるとともに、名古屋市営地下鉄の栄駅と名鉄瀬戸線駅を中心とした繁華街をまとめて栄と呼ぶこともあります。
名古屋の中心地区であり、名古屋を代表する商業地域です。

東西方向の広小路通と何b区方向の大津通とが交わる栄交差点を起点として、繁華街が形成されています。
大津通と並行して久屋大通も通っており、ここは矢場町から栄を抜けて外堀通りまで久屋大通公園として整備され、最近では週末を中心にイベントが行われて盛り上がっています。

名古屋のシンボルとして有名な名古屋テレビ塔は久屋大通公園内にあり、夜間のライトアップも有名です。
飲食店やバスターミナルを併設した立体公園オアシス21、愛知県立美術館や愛知県芸術劇場がはいっている大型文化施設である愛知芸術文化センター、3Mと称される百貨店である松坂屋、丸栄、三越が立ち並んでいたり、パルコやナディアパーク、ラシックといった大型ショッピング施設と文化や芸術、ファッションと多方面の情報発信地となっています。
近年では、大津通り沿いに海外の高級ブランドの路面店が進出して国内屈指のブランド街となっていたり、インテリアショップ、高級家具店といったものも進出しておりさらに大きな文化情報発信地域となりつつあります。

栄のアクセス

広小路通に並行している錦通には地下鉄東山線、久屋大通には地下鉄名城線と名鉄瀬戸線の各駅が存在していますし、これらを中心として地下街が広がっています。
地下街も森の地下街という名駅コンコース、サカエチカと呼ばれる広小路通した、セントラルパーク地下街と呼ばれる久屋大通公園北部地下といったものが繋がっており、巨大地下街となっています。
そのため、地下街の移動をする際には慣れるまでは道路標示を参考にしたり分からなくなったら歩行者に聞きながらでなければ迷子になり全く目的地に着けなくなるようなくらい広大な地下街が広がっています。

車でのアクセスもしやすい場所であるために、地下駐車場も巨大なものが設置されています。
ただし、車の数も多いですし車通りも多いので土地勘がないと運転が思うようにできない危険もあります。
地元の道路状況をしっかり理解してから、もしくはそのような知識が豊富な人を同乗させての運転が理想的です。

栄に住むこと

栄というと商業地域であるために住む場所のイメージはあまりありません。
しかし、栄地域にも東区泉のような住宅街があります。
このエリアというのは久屋大通や桜通りと隣接するエリアですが、大通りから少しはいるので十分に静かな環境です。

駅の近くにも生鮮食品の購入できる店舗があるので生活には不便のないエリアです。
最近ではリニア中央新幹線の開業に向けて町の再開発が始まろうとしています。
そのため新しいマンションの建設や周辺地域の再開発も進む予定であるために今後の動向にも注目しておきたいエリアでもあります。