【名古屋暮らしおすすめエリア紹介】本山

人気の地域、本山

本山は名古屋市千種区にある名古屋市営地下鉄の駅を中心に広がる地域です。
広小路通りと四谷通り・猫洞通りが交わる交通の要衝であるために、人通りも多いですし、古くから千種区の中央部の繁華街として発展してきました。

近隣には名古屋大学や愛知学院大学といった大学があるために学生街としても栄えていて、学生向けのファッションビル、飲食街も多く立ち並んでいます。
さらに、東部には名古屋を代表するレジャースポットの東山公園があり文教地区としても栄えています。

丘陵地域であるために、坂道が多い地域であるという特徴があります。
山の上の方の地域には高級住宅街とされているところも多く、繁華街が近くにありながらも閑静で落ち着いた雰囲気の地域でもあります。

周辺に大学があるために高級住宅街がありながらも単身者向けの物件も立ち並んでいます。
閑静な住宅街が近くにありつつも、生活しやすい商店街も駅前には広がっているために生活がしやすい地域であると言えます。

そのため、もちろん人気のエリアですしそれゆえに家賃相場も決してリーズナブルとは言えません。
この地域に住む際には事前にしっかりとリサーチをして住める価格帯の物件を探すことが必要です。

便利な本山駅

本山は名古屋市営地下鉄東山線と名城線の二つの路線が乗り入れる駅です。
東山線で藤が丘から12分、栄から10分というアクセスの良い地域です。

名城線は東山線より電車の本数が少ないために便利が悪いという人もいます。
しかし、名城線も通勤時間帯には5分に1本ほど走っていますし、それ以外の時間でも10分に1本は走るので十分困らない程度の電車の動きはあると言えます。

元々は名古屋大学の最寄駅として栄えたのですが、2003年に名城線に名古屋大学駅が開業したために利用者は減少傾向にあります。
そのために活気が減ったと感じる人もいますが、中には利用者が減ったことで利用しやすくなったという声もあります。

本山の街並み

本山というのは商店街があったり、地域に観光スポットがあったりとこの地域だけで一通りの必要なものが揃う地域です。
学校も近く公園や動物園へのアクセスも良いので、子育て世帯にも生活がしやすいとして人気を集めています。

駅の近くにある広小路通は名古屋の街を東西に貫くメインストリートであり、商業地域でもあります。
広小路に沿って地下鉄が道路のちかを走っています。
かつてはこの通りは市電が走っていた地域としても知られています。

このような賑やかな通りから、少し道を外れていけば住宅街の方へと出ていくことができます。
城山八幡宮の参道あたりは特に街の中とは思えないような自然に囲まれた地域もあり、のんびり過ごせる隠れスポットとなっています。