【名古屋暮らしおすすめエリア紹介】藤が丘

名古屋市内でも新しい地域藤が丘

藤が丘は名古屋市名東区にある地域です。
そのなかに藤が丘という町名があるのですが、藤が丘と呼ばれる際にはこの藤が丘の町だけでなくその周辺にある藤見が丘、明が丘、富が丘なども含めた広域地域として見て話をすることも多いです。

藤が丘は東山丘陵や八事丘陵といった丘陵地帯であるために、起伏のある地形となっています。
元々は農業を中心とした村落生活がされていた場所であるために、かんがいのためのため池も多くありました。
それを土地整備事業を進めていったことで減らし、新たな住宅地としての整備を進めています。

交通アクセスの良い地域

藤が丘は地下鉄駅であるのはもちろんですが、長久手市や日進市、豊田市への電車やバスが発着するために多方面へのアクセスに便利な地域です。
東名高速道路の名古屋インターも近いので、ここを起点に様々な場所に様々な方法でアクセスをすることができる地域なのです。

名古屋市営地下鉄東山線の藤が丘駅にはリニアモーターカーの藤が丘駅も隣接しています。
2005年の愛・地球博の開催にあたって建設されたものであり、今でも豊田市の八草駅までを結んでおり市民の重要な交通手段として用いられています。

万博の際にはリニモ広場として催しが行われていた地域には今は藤が丘effeという商業施設が建てられています。
日常生活にも便利な食料品や生活用品の取り扱いはもちろん、おしゃれな飲食店や輸入食材のお店までが営業しており多くの人に愛用されています。
他にもアーケードのある藤が丘中央商店街もあるのでひととおりの買い物は外に出ずこの地域で十分に行えます。

さらに、名古屋市営地下鉄東山線の高架下には居酒屋やバーといった個性的なお店が立ち並んでいて人気を集めています。
下町風情のある独特な雰囲気の街並みは最近人気を集めており老若男女問わず多くのお客さんで賑わっています。

教育機関も充実している藤が丘

藤が丘の駅周辺にはたくさんの教育機関も立ち並んでいます。
愛知学院大学や愛知医科大学、愛知淑徳大学長久手キャンパス、名古屋外国語大学など、多くの大学がこの地域には集まっています。
たくさんの学校へはバスターミナルから各学校行きのバスが運行されているので駅前には多くの学生が集い活気のある街となっています。

学生が多いということで、近年は駅周辺には新しいカフェやおしゃれな飲食街がどんどんと増えています。
それによりさらに駅前は活気にあふれた地域となっています。

人の出入りが多くなったことで、藤が丘駅への終電到着時刻が金曜日と休日前日には延長されるということも人気を集めている理由の一つです。
休日前日と金曜日には、藤が丘への到着が深夜1時となっており、地元の人たちにはとても嬉しいサービスとなっています。